継続できれば力なり。

毎日なんて書けないのである。

外食しなくなる。

毎日晩御飯の支度を考えると苦痛だった。

 

が、ホットクック先生と、勝間式 食事ハック読んでから、あぁそうか、楽できる方法あるじゃんね。と思って、めっちゃ気が楽になって、なんならホットクックが楽しくて、今の所晩御飯も調子いいけど、旦那任せの子供のお弁当も作ってあげてもいいと思い始めました。なんて単純。ちなみに何故旦那が子供の弁当を作っているかというと、高校生なんだから自分で作りなさい、うん、わかった。が、形骸化して、お昼ご飯を適当に買って食べてるのを見かねた(栄養面&金銭面)旦那が作り始めるという、なんて優しいとーちゃん。

 

土日なんかもう、目に見えない力が働いてるんじゃないかっていうくらい、全力でご飯作り嫌になってましたけど、原因はわかってる。頑張って作っても美味しいかどうかわからない。料理が下手なんですよね。あと、一生懸命作ってるのに、旦那も子供もテレビ見てたり、マンガ読んだり好き勝手してるのに、最低でも1時間はご飯作るのにかかってるし、ずーっと立ちっぱなしだったりするんでうんざりしちゃうわけです。

 

そして出来上がっても、本当に、あ、美味しいな!と思った時(たまに美味しい)しか、旦那も子供も美味しいって言ってくれないので、本当にやんなっちゃってるという。旦那は家庭環境もあると思うんだけど、実家ではお母さんが作ったご飯を家族みんなで、固いとかしょっぱいとか、あーだこーだ言いながら食べる家庭だったからだと。

 

最初にお邪魔して御馳走になった時は心臓飛び出るくらい驚いた。我が家では食事が用意されているだけでありがたいというレベルで、まぁそれもまた特殊なんだけどw。うちは母子家庭で、小学校低学年の私が何かしただけで、母が怒り狂って「勝手にしろ!!」っていって、そのまま寝ちゃうので、ご飯が食卓にあると、ああ、今日は食べれるぞって思ったもんです。だから下手なのかな!ってことにしておこう。

 

で、土日もいつも外で食べようよー、とか平日ですら、旦那がちょっと早く帰ってくると、外で食べれるじゃん!とか言ってサイゼリア三昧(・∀・)ってくらい、家庭内食事崩壊してました。仕事終わって帰ってから晩御飯の買い出しとか支度とかって、本当時間ないし、ムリゲー。後ろめたかったけど、そう思っていいのか、と、本読んで安心。

 

今はとりあえず、刻んでホットクックに入れれば、美味しくできる。刻むだけならつらくない。しかも美味しいごはんができるので、まさかの土日も家ご飯。外食しなくなれば家計も助かるから、ホットクック代もすぐ取り返せる気しかしない。

 

本の中でも、

 

1日3回もご飯食べるのに、そこにかけるお金はないっていうのに、英会話教室とかにお金かけられるのはおかしい。

 

っていうので、目からうろこでした。英会話教室は行ってないけど理屈はわかる。ちなみに新鮮であればいいっていうことで、オーガニックとか特におすすめしてない。ただ、調味料だけはお金かけて!というこでした。食材に比べたら、ちょっとしか使わないから、全然コスパ悪くないよってことだったので、今使ってるのが終わったら次はちょっといいの使おうかな。